巨乳で超肉食系ショタ好きビッチの家へお泊り

FANZAでA極振りの新作エロマンガから選ぶ

HOMEA極振り>お泊りしたのはHなギャルお姉ちゃん達のお家でした

ビッチ×3の家にお泊りするショタ×1、
何も起こらない訳ない!展開のエロ話

「お泊りしたのは
Hなギャルお姉ちゃん達のお家でした」

【A極振り】が初心な少年の体験する青い誘惑な
男なら夢見るエロスを表現しました。

お泊りしたのはHなギャルお姉ちゃん達のお家でした1

ご家族の理由から、ひとり都会に訪れた
「小学生男子のユウ君」

都会で初めてのものばかりで、見るもの
聞くもの、普段の生活環境とは違う体験に、
ドキドキと不安を感じています。

ウブな少年の宿泊先は、血縁関係のあるお宅。
そこには三者三様のビッチ×3がいました。

「かわいい子キター!」なお姉さんに、
対面早々、熱烈なHの歓迎を受けます。

のはHなギャルお姉ちゃん達のお家でした2

性の知識について何も知らないユウ君は、
お姉さんたちの「カワイイおもちゃ」に。

いきなりショタチンの皮をめくられ、
敏感な亀頭へファーストフェラから、
早めの性の世界の扉を開かれてしまいます。

お泊りしたのはHなギャルお姉ちゃん達のお家でした3

アソコの穴にチンチン入れて腰を振るなんて、
小学生だから保健体育やAVの中身も知らない
ユウ君は、エロさ満開な上物巨乳ビッチ達に
性交のお勉強を実地体験させていきます。

ユウ君自身も、なんだかわからないけど、
イケナイ事と脳の奥で感じながらも
キモチイイ事が脳も心もすべてを覆い隠し、
なされるがままに体を預けてしまうのでした。

お泊りしたのはHなギャルお姉ちゃん達のお家でした4

本作の「お泊りしたのは
Hなギャルお姉ちゃん達のお家でした」、
ショタを道具のように無茶苦茶にして
楽しんでいるわけではありません。

お姉さん三人とも、純粋にユウ君を
新しい家族として歓迎しています。

歓迎方法が独特で、他の人より
性的サービスが多いだけです。

お泊りしたのはHなギャルお姉ちゃん達のお家でした5

ショタ界の巨匠(と俺は思っています)の
ひぐま屋よりも、少年の扱いはヤラレ一方で
男の威厳なんて感じられません。

ひぐま屋も、同じようなシチュエーションが
ありますけど、最後は相思相愛の関係を
築いていくものです。

「お泊りしたのはHなギャルお姉ちゃん達の
お家でした」は、相思相愛でも、
少年は受け身のままで終わってしまいます。

ひぐま屋もA極振りも win-winになるのは
同じです。けど、少年と女性が
対等に近いかどうか、立場が違います。

オナニーを知っている少年のがっつくような
ショタものではありません。

サキュバスに出会ってしまったように、
金玉が小さくなるんじゃないかと思うくらい
精子を抜きとられてしまうからです。

SEXのために自分で腰を振るんじゃなく、
振るように相手に体を動かさせる、
犯されに近いジャンルといえます。

この手が好きな読者なら、作家と趣味の合う、
相思相愛の関係になれそうですね。

都会へひとり訪れる不安のドキドキから、
お姉さんにHなことされるドキドキに
変わるユウ君の表情をお楽しみくださいませ。

▼ショタ相手のメス調教はFANZA独占で公開▼

お泊りしたのはHなギャルお姉ちゃん達のお家でしたお泊りしたのはHなギャルお姉ちゃん達のお家でした